静岡市、静岡駅周辺の美容室・美容院・ヘアサロンをお探しなら静岡県内に5店舗の美容室を展開するS&F美容室
エスアンドエフ美容室美髪への道

~美髪への道~

ヘアケアマイスターあつこの部屋

こんにちは!S&F 美容室ヘアケアマイスターのあつこです。
髪をキレイにする為のヒントをお話しして行きたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

髪をキレイにする為に1番大切な事って?

みなさんは髪をキレイにする為に1番大切な事って何だと思いますか?それはですね、”髪に合ったシャンプーを使う”事なんです。意外ですか?シャンプーの目的は毛髪や頭皮の「汚れ」を取る事ですね。なので「シャンプーは汚れを取るだけなんだから、大切なのはトリートメントなんじゃないの?」という質問をよくされます。

髪のダメージの原因はシャンプー?

もちろんトリートメントも大切ですが毛髪というのはほとんどケラチンというたんぱく質で出来ていて、使うシャンプーによっては強い洗浄成分が刺激になり、たんぱく質を外に流出させる原因になってしまうんですね。
つまり、髪の栄養が少なくなっていくので乾燥してツヤがなくなり、くし通りが悪くなったり枝毛ができたり。こういったダメージはシャンプーで起こる事が多いです。

シャンプーって何で出来てるの?

それではどんなシャンプーを使ったらいいのかって?
まず、シャンプーの主成分についてお話しますと、シャンプーの成分表にいちばん最初にまず「水」と書いてありますが次に書いてあるのが界面活性剤の種類になっています。ココが大事!
まず一般的に市販されているシャンプーでよく見るのが、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどですね。これらは高級アルコール系の代表的な界面活性剤でとても洗浄力が高く泡立ちも良いのですが、比較的刺激性が強いので髪の油分や栄養分も流れやすいです。
継続して使うのはあまりお薦め出来ませんし、ダメージがある髪やパーマやカラー毛には向きません。

美容師の選ぶシャンプーとは?

それではパーマやカラーをした髪はどんなシャンプーを使うとキレイに保たれるのでしょうか?
サロンで使われているシャンプーは髪に合わせた色んなタイプがありますが、主にべタイン系のコカミドプロピルベタインやココアンホ酢酸ナトリウムなどが代表例です。
これらの成分は髪にとても優しく低刺激な為髪の中の栄養分や油分を損ねる事は少ないです。

ノンシリコンシャンプーって?

最近ノンシリコンシャンプーという言葉を聞きますね。
シリコンとはそもそも何かというと、シリコーンオイルを指すもので髪の指通りを良くする為に主に市販の高級アルコール系などのシャンプーに配合されているものです。
シリコンが入っていると髪に残ってしまうという理由でノンシリコンシャンプーが作られているようですが実は高級アルコール系のシャンプーからシリコンを抜くと髪は指通りが悪くなり、また別の指通りを良くする成分を入れなければなりません。
なのでノンシリコンだから良いという訳ではないのです。

サロンのシャンプーはもともとノンシリコン

逆にサロンのシャンプーはシリコンは入っていないものがほとんどです。何故かというと洗浄成分が優しく指通りも良いのでシリコンを入れる必要がありません。
なのでシャンプーは、シリコンが入っている入っていないとかではなくどんな成分を基にしているかで良さが決まるのです!

静岡市、静岡駅周辺の美容室・美容院・ヘアサロンをお探しなら静岡県内に5店舗の美容室を展開するS&F美容室